公務一般事例

公務窓口接遇研修


人が人に対して良い印象を持つか悪い印象を持つかは、その人が初めてあったときの第一印象によるところが多いと言われています。この第一印象は、非言語的要素と言われる表情、態度など目から入ってくる情報と周辺言語と言われる声のトーンや抑揚などが影響します。
住民をお迎えする役所の人のイメージがその役所のイメージとなることを踏まえ、「全体の奉仕者」として、住民に対する「思いやりの心」を具体的な形にする接遇を学んでいただきます。
さらに、市民満足(Citizen Satisfaction)を充足するためのコミュニケーション技術を、パフォーマンス学とコーチングのスキルを使い、ワークショップ形式で実践していただきます。





公務研修は、公務窓口応対研修を始め、3年次研修、ディベート研修、プレゼンテーション能力向上研修と要望に応じ、各種研修に対応しております。